横浜市及び周辺地域を中心に防犯カメラ設置・ドアフォン・宅配ボックスの設置工事を提供

基本構造

  • HOME »
  • 基本構造

基本構造

防犯カメラは基本的にカメラ・DVR・モニターの構成となります

基本構造

防犯カメラを設置する時に必要なものは

防犯カメラ

防犯カメラ

防犯カメラシステムを導入するにあたり、欠かせないのが防犯カメラです。現在ではボックス型、ドーム型など、形状や大きさにもいろいろな種類がありますが、防犯カメラは利用目的や設置場所などを十分に考慮しなければいけません。夜に利用する場合は暗視機能付きのモノを、屋外に設置する場合は防水タイプのモノなど、必要な機能やオプションなどを考えて選びましょう。また犯人の服や髪の色や、車の色などを特定するためには、白黒よりもカラーの方がおすすめで、録画された日時は映像自体に自動的に記録される機能があると、犯罪の証拠としても採用できます。

レコーダー

DVR
防犯カメラを購入する上で欠かせないのがレコーダーです。
防犯カメラは盗難などの犯罪防止以外にも、いつ何が起きたかを記録するため、証拠を残すために録画機能が必要です。
最新のHDD内蔵のレコーダーを選ぶことで長時間の録画が可能となり、防犯カメラの録画映像を残しておくことも可能になります。
容量が一杯になると古い録画映像から順番に上書き録画されるものもあり、このようなタイプは長時間監視に対応できます。
最近では、画面に何も動きがない場合は録画しないで、動きがあった場合に録画をはじめるモーションセンサー録画機能付きのものもあります。

モニター

モニター

防犯カメラからの映像を見るにはモニターが必要です。
専用モニターでなくても、必要な時だけ見たい場合は、パソコンやテレビなどにつないで録画した映像を見ることもできますが、常に映像を流しておきたい場合は、大きさや性能など、予算に合わせて専用のディスプレイやモニターを選んで下さい。
音声も録音できる防犯カメラの場合は、スピーカー内臓のモニターや、別途スピーカーを用意しなければいけません。
最近では外出先や自宅などのパソコンやスマートフォンなどから現在の状況や過去の映像も確認できる商品も多いので、あらゆる媒体をモニターにできるようになっています。

設置工事

設置・工事

防犯カメラを利用する際には、必ず設置工事が必要です。最近では素人でも簡単に設置できるタイプの商品も販売されているため、工事費用を節約することを目的に自分で設置する人も増えていますが、防犯カメラの設置はプロに任せることをおすすめします。
素人が安易に取り付けることで火災の原因になることもあり、場所に適したカメラを選べていないケースも目立ちます。
さらに防犯カメラは一度設置すればいいものではなく、破損や故障や電池切れなどいろいろなトラブルが発生することから、定期的なメンテナンスが必要です。
弊社の場合は最長7年保証の定額メンテナンスパックを用意しており、プロの業者に任せることで、様々なトラブルを回避できます。

お気軽にお問合せ下さい TEL 045-308-5656 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

最近の工事

横浜市・綾瀬市・大和市・座間市・海老名市・厚木市・相模原市・川崎市を中心とした神奈川エリアに対応しております。

設置工事
見積もり無料
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.