横浜市及び周辺地域を中心に防犯カメラ設置・ドアフォン・宅配ボックスの設置工事を提供

一戸建て住宅

  • HOME »
  • 一戸建て住宅

一戸建て住宅

一戸建て住宅用の防犯カメラの設置をお考えの方へ

戸建個人宅向けの防犯セキュリティシステムのご案内です。住宅屋外の不審者を映像でとらえたり、センサーによって不審者の侵入をお知らせすることができます。

一戸建て住宅用設置の防犯カメラ

一戸建て住宅用設置の防犯カメラ

室内は、ご来客のことも考えて、ドーム型を選ぶ

見た目が大事

見た目が大事

一戸建て住宅の室内用の防犯カメラには、小型、ドーム型など様々な形状が用意されています。
室内用は屋外用のように防滴・防雨・防塵機能は必要ありませんが、暗闇でもしっかり映像を確認できる赤外線暗視型のカメラを選択することをおすすめします。
また多くの来客が考えられる室内であれば、景観を壊さないためにドーム型の防犯カメラを選ぶ人が目立ちます。
最近では、一見してそれが何か分からないような室内用のネットワークカメラも各メーカーから発売されていて、スマホからリアルタイムでいつでも部屋の様子を見ることができます。
空き巣対策はもちろん、ワンちゃんなどのペットの様子を確認するために導入する人が増えています。

夜間も撮影できるものやセンサーライトが付いたものを設置する

目立つ位置に設置

目立つ位置に設置

一戸建て住宅に使用する防犯カメラは、スペックによって価格や工事費に大きな違いが出ます。
安価なカメラでも防犯対策としては効果的ですが、室内、屋外共に万一の時に泥棒や悪戯などをしっかり確認できる、夜間でもしっかり撮影できる機能がついたカメラを選びましょう。
最近ではフルハイビジョン対応の防犯カメラもたくさん販売されていて、犯人の顔や車のナンバーなどもしっかり捉えることが可能となります。
屋外に設置する場合は、カメラに近寄れば点灯するセンサーライトがついたものがおすすめで、そうすることで防犯効果がさらに高まります。

家の外回り設置は目立つ位置に設置し防滴・防雨・防塵タイプを選ぶ

目立つ位置

目立つ位置

家の外回りに防犯カメラを設置する場合は、その存在を知らせることだけで防犯対策として高い効果を発揮します。
玄関や勝手口や各窓部分やベランダなど、侵入される可能性がある場所に全て設置すればかなり高い防犯対策となり、他にも車上荒らしや車の盗難を防ぐためにも、駐車場にも設置することをおすすめします。
設置場所は壁面や軒下やカーポートの柱などになるケースが多く、屋外の場合は必ず防滴・防雨・防塵タイプを選びましょう。
それでも室内用と比較して故障や不具合が起こりやすいため、定期的なメンテナンスを専門業者に依頼することをおすすめします。

お気軽にお問合せ下さい TEL 045-308-5656 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

最近の工事

横浜市・綾瀬市・大和市・座間市・海老名市・厚木市・相模原市・川崎市を中心とした神奈川エリアに対応しております。

設置工事
見積もり無料
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.